最新動向(IR関連ニュース)

2つのコードのフォローアップ会議を開催

日本版スチュワードシップ・コードとコーポレートガバナンス・コードの実質的な運用のために、金融庁がフォローアップ会議を開催しました。今後の検討方針として、「ガバナンス体制の強化が、形式だけでなく、実質を伴ったものとなっているか」「ガバナンス体制の強化が中長期的に経済の好循環につながっていくものとなっているか」「企業と投資家の対話が建設的な形で進んでいるか」の3点が挙げられています。委員からは「監査等委員会設置会社は過度期」「議決権行使会社の基準が不透明」「経産省の取組み生かし、粘り強いガバナンス改革が必要」など、議論の応酬がありました。今後、会合は月1回程度開催され、議論を深めていく計画が示されています。

参考URL

メールマガジンの閲覧には、ユーザー名とパスワードが必要です。

閲覧

こちらのメールマガジンをご希望の方は、お問合わせフォームの「内容」欄に「メールマガジン希望」と記載の上、送信ください。