最新動向(IR関連ニュース)

国内の機関投資家、サステナブル投資に26兆円

2016年1月15日、社会的責任投資フォーラム(JSIF)は、日本版スチュワードシップ・コードに受け入れ表明した機関投資家59機関に対して、サステナブル投資残高の調査を実施し、28機関より回答を得てその運用残高を発表しました。サステナブル投資合計額は26兆6,872億5,600万円で、回答機関の運用資産総額に占める割合は11.4%で、調査開始以来、大幅な上昇となりました。(これまでの公表数値は入手可能な個人向け金融商品に限られていた)JSIFでは、日本版スチュワードシップ・コードへの署名機関数が2015年8月末で197に達したことや、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が責任投資原則(PRI)に署名したことから、責任投資の概念が国内で浸透し、年金基金・機関投資家のスタンスにも変化が見られると結論づけています。

参考URL

メールマガジンの閲覧には、ユーザー名とパスワードが必要です。

閲覧

こちらのメールマガジンをご希望の方は、お問合わせフォームの「内容」欄に「メールマガジン希望」と記載の上、送信ください。