最新動向(IR関連ニュース)

経産省「持続的な価値創造に向けた投資のあり方検討会」

経済産業省は、2016年2月9日、「持続的な価値創造に向けた投資のあり方検討会」(座長:伊藤邦雄・一橋大学大学院商学研究科特任教授)設置し、2月25日、3月10日の計3回の予定で開催を発表しました。同省では、持続的な企業価値を生み出すための企業経営・投資のあり方について、ESG(環境、社会、ガバナンス)や人的資本、知的資本等を視野に入れた総合的な検討を行う必要があるとしており、「企業(経営者等)が、持続的価値創造に向けて、様々な「資本」を有効に活用し、未来に向けた投資判断を行うための方策は何か。」「投資家が、長期的な企業価値を判断する視点や評価軸は何か。そのために必要となる情報や対話のあり方はどのようなものか。」といったテーマ例が掲げられています。同会議にはGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)から水野理事兼CIOも参加しています。

参考URL

メールマガジンの閲覧には、ユーザー名とパスワードが必要です。

閲覧

こちらのメールマガジンをご希望の方は、お問合わせフォームの「内容」欄に「メールマガジン希望」と記載の上、送信ください。