最新動向(IR関連ニュース)

みずほFG、ポスト・オリンピックで日本の針路をレポート

みずほフィナンシャルグループから、「世界の潮流と日本産業の将来像—グローバル社会のパラダイムシフトと日本の針路—」と題して、産業横断レポートが公表されています。同レポートは<みずほ>版成長戦略シリーズの第3弾で、2013年から発行されているものです。同レポートの特長は10年単位の中長期スパーンで帰納的に分析されている点、次に、需要サイド、供給サイドの変化を分析している点、業際的な視点を考慮し、将来の日本の産業像を詳細に分析しています。自社の参考情報としてメガトレンドを押さえたい方には格好のレポートです。執筆は、みずほ銀行産業調査部、みずほ総合研究所、みずほ情報総研が当たっています。同レポートによれば、今後のメガトレンドは、①グローバル市場の変化で、アジア、ASEANに注目、②テクノロジーの利活用により第四次産業革命が加速化、③日本における社会的課題に即した先駆的なビジネス機会の到来、④インベストメント・チェーンの重要性が増す、ことを前提としています。各産業への具体的な影響を多角的な観点から分析しており、まさに、ポスト・オリンピックのトレンドを知るうえで格好のレポートとなっています。

参考URL

メールマガジンの閲覧には、ユーザー名とパスワードが必要です。

閲覧

こちらのメールマガジンをご希望の方は、お問合わせフォームの「内容」欄に「メールマガジン希望」と記載の上、送信ください。