最新動向(IR関連ニュース)

本当にESG投資は普及してきているのか

昨今、多くのアセットマネジメント会社は、環境(E)、社会(S)、コーポレートガバナンス(G)をメインストリームファンドに統合する試みを行っている。果たして、ESG投資はどこまで進んでいるのであろうか。
アセットマネジメント会社は、自らのESG分析が強化されてきているを強調していている。すなわち、自社のアナリストやポートフォリオマネージャーが、ESGの情報を積極的に収集・分析しているという。果たして、どうなのであろうか。こうしたアセットマネジメント会社の言及に反して、企業のCSR担当者から、アナリストやポートフォリオマネージャーが来て取材をされたことがほとんどないという話を聞く。また、CSR担当者に直接取材はしなくても、インベスター・リレーションズ(IR)担当者に質問することが考えられるが、多くのCSR担当者は、IR担当者からそのような質問を受けることは少ないと聞く。いったいどうなっているのであろうか。
一つ考えられるのは、アナリストやポートフォリオマネージャーがこうしたリサーチを始めて、まだ時間が経っていないことが考えられる。人によって違いはあるが、多くの場合、彼らは、すでにコーポレートガバナンス(G)について知識はあるが、環境(E)及び社会(S)については、これまであまり取り組んでこなかったため、現在勉強中である。その結果、企業に対して主にコーポレートガバナンス(G)についてのみ質問をしていると考えられる。企業の方でも、IR部署はコーポレートガバナンス(G)に関しては情報が蓄積されており、彼らで対応が可能である。ただ、今後、アナリストやポートフォリオマネージャーの環境(E)及び社会(S)について理解が進んでくれば、企業のCSR担当者の出番となる。しかし、今後1-2年経っても、CSR担当者から、まったく環境(E)及び社会(S)について投資家から質問を受けない状況であれば、アセットマネジメント会社のESGの取り組みが滞っているか、あるいは単なる彼らの過剰広告である可能性がある。

その他関連ニュースはこちら (外部リンク:有料会員登録が必要です)

メールマガジンの閲覧には、ユーザー名とパスワードが必要です。

閲覧

こちらのメールマガジンをご希望の方は、お問合わせフォームの「内容」欄に「メールマガジン希望」と記載の上、送信ください。