最新動向(IR関連ニュース)

SASB、投資家に向けたエンゲージメント・ガイドブックを公表

IIRCのCorporate Reporting DialogueのメンバーでもあるSASB(Sustainability Accounting Standards Board:米国サステナビリティ会計基準審議会)は、アセットオーナーとアセットマネジャー向けに、セクターに基づいたエンゲージメント・ガイドブックを公表しました。SASBは、SECからの要請を受け、サステナビリティに関するセクター別の情報開示基準を作成し、公表してきました。アセットオーナーの中で、サステナブル投資がメインストリーム化し、急速に広まる傾向にあり、これまで欧州が中心と見られてきました。日本でもGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)がUNPRI(国連責任投資原則)に署名をし、米国ではエリサ法に関し、UNPRIの説得に応じ、ESGを考慮し投資をすることは、投資原則に反しない見解が示され、米国においても、大きな変化が考えられます。アセットオーナーのエンゲージメント・テーマは今後の日本企業の中でも対話の糸口になり、参考にすべき内容と言えます。

参考URL

メールマガジンの閲覧には、ユーザー名とパスワードが必要です。

閲覧

こちらのメールマガジンをご希望の方は、お問合わせフォームの「内容」欄に「メールマガジン希望」と記載の上、送信ください。