最新動向(IR関連ニュース)

GPIF、国内株式を対象としたESG投資を準備へ

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は、国内株式を対象とした環境・社会・ガバナンス指数を公募し始めました。当法人が、環境・社会・ガバナンス(ESG)の要素を投資に考慮することで期待されるリスク低減効果については、投資機関が長期であればあるほど、リスク調整後のリターンを改善する効果が期待されるとしています。ESG要素を考慮したパッシブ運用の実現可能性探ることを目的に、ESGの効果により、中長期的にリスク低減効果や超過収益の獲得が期待される指数を募集し始めたところから、本格的なESG投資への準備を始めました。日銀もETFへの投資を行っており、今後、設備投資や人材をメルクマークにETFに投資をすることから、今後、GPIFや日銀が大株主の一角を占める可能性も考えられます。GPIFは自主運用ができないことから、委託運用先に対して、ESG指数を効果的に使うアセットマネジャーを求めるものと思われ、企業の投資家対応策は見直しが必要なことが想定されるでしょう。GPIFと企業が行う、企業・アセットオーナーフォーラムへの積極的な参加もIR部門には必要でしょう。

参考URL

メールマガジンの閲覧には、ユーザー名とパスワードが必要です。

閲覧

こちらのメールマガジンをご希望の方は、お問合わせフォームの「内容」欄に「メールマガジン希望」と記載の上、送信ください。