最新動向(IR関連ニュース)

企画部による企業価値の破壊

ある程度大手の企業になると、経営企画部をはじめ、多くの企画部が存在し、会社の中で、重要な役割を果たしている。企画部への配属は、エリートの証であり、実際、企画部から多くの社長を輩出している。しかし、果たして、企画部は企業価値の向上に貢献しているのであろうか。以下では、企画部の中でも、経営企画部に焦点を当てて考えて見る。
経営企画部の役割は、経営のサポートである。経営者が、経営判断を下すための情報収集や、現場との調整を行なう。しかし、これは経営ではなく、そのサポートであり、経営を担うのは経営者である。しかしながら、経営者があまりにも経営企画部に依存するため、経営企画部自身が経営に影響を与えることになる。
その結果、経営企画部の権限は拡大するとともに、肥大化していく。現場は、経営企画部に逆らえなくなり、顧客よりも経営企画部への報告に注力することになる。経営企画部の現場への指示は、企画のためのものであり、どれほど企業経営に貢献しているか疑わしい。その結果、現場の士気が落ちるとともに、社外よりも社内を優先する内向きな組織なっていく。
経営者は、経営企画部に祭り上げられ、経営企画部が出した案を承認するだけの存在になっていく。繰り返しになるが、経営企画部は経営のサポートのプロであり、経営そのもののプロではない。したがって、説明だけはもっともらしい机上の経営がなされていき、企業価値が蝕まれていくことになる。
解決策は、経営者がその経営権を経営企画部から取り戻すことである。もちろん、その経営の責任は、経営者がとらなくてはならない。そして、経営企画部は本来業務である経営のサポートに徹する必要がある。経営者には、自らの意思で経営判断をするとともに、リスクをとる勇気が求められる。
以上は、経営企画部についての議論であるが、営業企画部等、事業部門における企画部についても同様のことが言える。ただ、経営者から、事業部門長に置き換わるだけであり、ここでも事業部門長自身がリスクをとって判断を下す必要がある。

その他関連ニュースはこちら (外部リンク:有料会員登録が必要です)

メールマガジンの閲覧には、ユーザー名とパスワードが必要です。

閲覧

こちらのメールマガジンをご希望の方は、お問合わせフォームの「内容」欄に「メールマガジン希望」と記載の上、送信ください。