最新動向(IR関連ニュース)

スペシャリスト・ジェネラリストではなくプロフェッショナル

現在、日本企業でのキャリアについて、スペシャリスト及びジェネラリストという働き方が議論されている。これまでは、新卒後、すべてジェネラリスト候補として育成されてきたが、時代の変化とともに、スペシャリストの重要性が増し、複数のキャリアプランが選択されるようになった。しかし、この議論で抜け落ちていると考えられるのが、プロフェッショナルという視点である。
現在議論されているのは、社内でのスペシャリストであり、ジェネラリストである。スペシャリストは、新卒後、研究開発等特殊な技術系を除いて、当初はジェネラリストとして採用される。その後、いくつかの部署をローテンションした後、スペシャリストとして、一つの部署、すなわち、営業、人事、経理等を長く経験することになる。ただし、技術系を除けば、社内だけのスペシャリストになる可能性がある。外資系企業の場合は、ある会社のある部署でスタートした場合、他の企業の同じ部署に転職することを繰り返して、スペシャリストとしてのキャリアを築いていくことになる。すなわち、彼らの専門性は、移動可能なのである。一方、日本のスペシャリストの場合、スキルの汎用性の問題から、技術系を除き、他社に移ることができないことも多いように思われる。
日本企業のジェネラリストについても同様のことが言える。様々な部署を経験してジェネラリストとなるが、社内だけである。こうしたジェネラリストの中から、将来の経営者が生まれるが、他社で働いた経験がない。一方、外資系の場合、経営者や経営幹部は、様々な企業を渡り歩くことも少なくない。このようなことは、日本企業では、いまだ少数である。 すなわち、日本の場合、スペシャリスト・ジェネラリストであっても、社内のみの経験に留まり、他社で通用するかどうかわからない。すなわち、プロフェッショナルではないと言えるかも知れない。これから求められる人材は、スペシャリスト・ジェネラリストではなく、社外でも通用するプロフェッショナルではないだろうか。

その他関連ニュースはこちら (外部リンク:有料会員登録が必要です)

メールマガジンの閲覧には、ユーザー名とパスワードが必要です。

閲覧

こちらのメールマガジンをご希望の方は、お問合わせフォームの「内容」欄に「メールマガジン希望」と記載の上、送信ください。