最新動向(IR関連ニュース)

グローバル人材はグローバル企業に必要か

現在日本企業は、海外でのビジネス経験を積んだグローバル人材の育成や採用に力を入れている。とくに、海外展開が必須となっている企業では、こうした人材は欠かせない。日本企業の多くで、若手社員の海外への派遣等、様々な育成プログラムを試みると同時に、こうした人材を積極的に採用している。
それでは、グローバル企業にとってグローバル人材は必要であろうか。もちろん、グローバル企業といっても、各企業によって差はあることは確かである。しかし、一般的にグローバル企業が、様々な国で採用を行う場合、求める人材は国内市場のスペシャリストである。
たとえば、あるグローバル企業が、日本で人材を探すとしよう。彼らが求めるのは、日本市場に精通した人材である。すなわち、日本での取引先との関係を持った人や、日本の商慣習に詳しい人となる。もちろん、ある程度の英語力や海外への理解は必要だが、決して、海外でビジネス経験があったり、海外に詳しい人ではない。かえって、海外に長くいたため、日本での経験が短いといった場合は、採用のときに不利になる可能性がある。米国の専門家であれば、米国在住の米国人に任せればよいのであり、それを日本人に期待しない。
もちろん、経営層は別である。グローバル企業の経営層は、グローバルな経験が求められる。しかし、その数は極めて少数である。また、悲しいことではあるが、そうした役割を日本人に求めるグローバル企業は少ない。
一方で、今後日本企業がグローバル化していった場合、海外でのマネジメントは、現地採用の人材に権限委譲されていくことが考えられる。その結果、経営層を除いて、日本人に求められるのは、海外ではなく、日本国内での専門性に変わるかもしれない。皮肉な話ではあるが、日本企業がグローバル企業になる途上では、グローバル人材が求められるが、それを実現したときには、グローバル人材の必要性が少なくなる。

その他関連ニュースはこちら (外部リンク:有料会員登録が必要です)

メールマガジンの閲覧には、ユーザー名とパスワードが必要です。

閲覧

こちらのメールマガジンをご希望の方は、お問合わせフォームの「内容」欄に「メールマガジン希望」と記載の上、送信ください。