最新動向(IR関連ニュース)

日証協、「証券業界のSDGs推進のための懇談会」を設置

日本証券業協会(鈴木茂晴会長)は、2017年9月、先ごろ、国連が採択をした持続可能な開発目標(SDGs)を証券業界でも推進するため、同協会会長の諮問機関として、懇談会を設置した旨、発表をしました。懇談会の座長は同協会会長、有識者および協会員を構成メンバーとし、3つの分科会を設置するとしています。「貧困、飢餓をなくし地球環境を守る分科会」では、インパクト・インベストメント(ワクチン債、ウオーターボンド、グリーンボンド等の組成・販売など)やESG投資などの推進策について、「働き方改革そして女性活躍支援分科会」では、証券業界における生産的な雇用とディーセント・ワークについて、生産性の向上や働きがいのある職場環境の整備、女性雇用の推進、女性管理職の育成などの推進策について、「社会的弱者への教育支援に関する分科会」では、父子家庭、母子家庭、両親のいない子供等への資金援助、ボランティアなど―を検討していくとしています。10月中旬に第1回目の懇談会を開催し、分科会は懇談会実施後、適宜開催される予定としています。SDGsは、投資先企業の持続的な経済活動を支えるコンセプトとして認識が広まりつつあります。またそれらを後押しする機関投資家のESG投資や分析も活発化してきており、SDGsを通じた国民および個人の金融リテラシー向上は急務な段階にあります。業界団体としてSDGsを通じた積極的な役割や情報発信が期待されます。

参考URL

メールマガジンの閲覧には、ユーザー名とパスワードが必要です。

閲覧

こちらのメールマガジンをご希望の方は、お問合わせフォームの「内容」欄に「メールマガジン希望」と記載の上、送信ください。