最新動向(IR関連ニュース)

SAAJ、ディスクロージャー優良企業選定2017を発表

日本証券アナリスト協会(SAAJ)は、23回目となる「ディスクロージャー優良企業」を選定し、このほど公表をしました。本年度は16業種が評価対象で、新興市場等も引き続き、選定がなされています。

本年、優良企業に選ばれたのは、(発表順)大東建託、アサヒグループホールディングス、三井化学、塩野義製薬、コスモエネルギーホールディングス(初受賞)、住友金属鉱山、日本電産、SUBARU、東京瓦斯、ANAホールディングス、日本電信電話、三井物産、J.フロント リテイリング(初受賞)、三菱UFJフィナンシャル・グループ、野村総合研究所、リクルートホールディングス(初受賞)、新興市場銘柄に選ばれたのが、フロイント産業(初受賞)、セリア、エン・ジャパン、個人投資家向け情報提供に選ばれたのが、アサヒグループホールディングス、シスメックス、三菱UFJフィナンシャル・グループでした。

評価方法については、フェア・ディスクロジャー・ルールにより企業の情報開示後退が懸念されたようで、質問項目の新設や追加、コーポレートガバナンス・コードに対応した質問項目と評価の追加、その他では「統合報告書」を自主開示の評価項目をいれた対応もあったようです。

参考URL

メールマガジンの閲覧には、ユーザー名とパスワードが必要です。

閲覧

こちらのメールマガジンをご希望の方は、お問合わせフォームの「内容」欄に「メールマガジン希望」と記載の上、送信ください。