最新動向(IR関連ニュース)

大手ESG調査会社2社が合併

2016年1月5日、仏のESG調査会社大手のVigeoと英国のESG調査会社大手のEIRISが合併し、新会社名はVigeo EIRISとなることが正式に発表されました。同社のサービスには格付け(Vigeo EIRIS rating)と、監査(Vigeo EIRIS enterprise)があり、10,000社以上のESG情報をカバーする体制が整ったと言えます。EIRISは過去にFTSEに対して長年ESG情報を提供していたなど、グローバルなESG調査会社として定評があり、日本でもQUICK社が採用するなど良く知られた調査会社の一つでした。ESG関連では、2015年9月には、米国の議決権行使会社ISSはESGリスク分析大手のRepRiskと戦略的提携を行うなど、サービス競争も激しさを増し、今後、機関投資家間での多様な利用も進むことが予想されます。

参考URL

メールマガジンの閲覧には、ユーザー名とパスワードが必要です。

閲覧

こちらのメールマガジンをご希望の方は、お問合わせフォームの「内容」欄に「メールマガジン希望」と記載の上、送信ください。