最新動向(IR関連ニュース)

ESG投資の現状

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、国連責任投資原則(PRI)に署名すると同時に、アセットマネージャーに対してESG(環境・社会・ガバナンス)に取り組むことを推奨している。その結果、多くのアセットマネージャーが、にわかにESG投資を標ぼうしている。
アセットマネージャーの中には、企業に対してESGに関する取材を行っているところがある。これまでの産業、財務等の情報に加えてESGについても議論することは、投資家と企業との対話の重要性が増している中、大きな進歩であると考えられる。しかし、ESGに関する対話では未熟な部分が多く、まだ多くの問題を抱えているように思われる。
企業を取材するポートフォリオマネージャーやアナリストは、形式的な質問に終始している場合が多い。こうしたアセットマネージャーでは、ESG評価のためのシートを作成し、個別企業のESGの評価を行っている可能性がある。従来の企業評価にESG評価を加えた形で、総合評価をするのである。もちろん、このような取り組み自体を否定するつもりはない。しかし、こうしたアセットマネージャーのポートフォリオマネージャーやアナリストが、自社で作成したESGシートの質問項目を、ただ企業に質問していることは問題である。これならば、アンケート調査と変わらない。彼らの目的が、ESGシートを埋めることのみに注力され、企業との発展的な会話に至っていない。
こうした問題の背景には、二つの課題があるように思われる。ひとつは、ポートフォリオマネージャーやアナリストのESGに関する知識レベルである。これは、時間とともに解消されるであろう。もうひとつは、アセットマネージャーのESG投資への理解不足がある。単にESGシートでスコア化することが、ESG投資だと誤解されているようにも思われる。これは、ESG投資を矮小化してしまうリスクを伴う。本来のESG投資は、従来のファンダメンタル分析と変わらない。より長期的な視点に立って、こうしたファンダメンタルを分析するのであって、そのためには、環境・社会・ガバナンスといった項目は必須となるのである。決して、画一的にシートを埋めることではない。

その他関連ニュースはこちら (外部リンク:有料会員登録が必要です)

メールマガジンの閲覧には、ユーザー名とパスワードが必要です。

閲覧

こちらのメールマガジンをご希望の方は、お問合わせフォームの「内容」欄に「メールマガジン希望」と記載の上、送信ください。